2011年02月01日

鑑定より大切なこと2

ルピシア柚子茶にはまっているスタッフSです
(不思議な味だけど・・・)


先日お客様からお聞きした話です。

エベレストを越える鶴は、晴れになる日をじっと待ってから飛ぶのだそうです。
それを見て、登山家は頂上チャレンジをするそうです。
鶴スゴイ!


実は、こんな、「自然の声が聞ける」米作り農家の方が知人にいます。

天気予報よりも、その人の直感は確実です。

動植物・自然がわかるので、化学肥料に頼らなくても作付けが大変良いのです。

多くの方から田んぼを任されています。


私スタッフSは、この方から有機玄米を購入しています。


じっくりとこの方とお話しをしていると、


目に見えない自然への感謝・畏敬の念


動植物への優しさ、思い・・・


そんなものであふれているんだろうな、


ってわかるんです。


石を扱っている私たちも時折思うのですが、


鉱物・動植物は、「目に見えるもの」じゃなくて、


「目に見えないもの」をよくわかってます。


だから、石が人を選ぶ、ということも起きたりするのでしょうか。


人間はその反対のような気がしますねあせあせ(飛び散る汗)




お米を戴きに行く時、そこに集われるほかの方々のために、と


ほとんどの方が、手土産を買ったり、手作りの物を持参したり、と、


結局お米代金以上の金額をその方にお支払いしていることになるんですね。


それを見るたびに、


あぁ、ここに集う人達は、「目に見えないこと」にお代を支払える人達なんだな〜


ってよく思います。


店頭の玄米の袋に書いてある説明を、じっくりと見てみますと・・・


「目に見えない」行間から、目に見える以上の情報が入ってきます。


農薬たっぷり使っている玄米なのか


有機で努力して作った玄米なのか


どんなこだわりがあるのか


きっとそれは、袋の中に入っている米粒1粒一粒が


こうだよ〜


あ〜だよ〜


って教えてくれているってことなのかも


値段が高いから良いのだ。
いや、値段が高いのはふっかけてるのだ。
値段が安いのは良心的なのだ。
いや、値段が安いからダメなのだ。

こんな「目に見える」ことに翻弄されないようにしないとなぁ、って

つくづく考えさせられるスタッフSでした。


「本当に良いものは目に見えない」

自戒の念もこめて・・・・


・・・・・・・Fleur*Bleueサイトはこちらからどうぞ・・・・・・

 ラリマーとブルーアンバーの専門店Fleur*Bleue
         http://fleur-bleue.jp/

 スタッフMの「ラリマー的のんびりライフ」ブログ   
        http://yuruyuru-life.seesaa.net/





posted by フルーブルー at 11:13| Comment(0) | 石への処理・加工・真贋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

もしかしたら鑑定よりも大切なことかも・・・

ねむねむ・・・のスタッフSです眠い(睡眠)
まいど・・・ですあせあせ(飛び散る汗)


最近、当店に、「あのラリマーは本物?偽物?」


ってよく聞かれるんです。


もしかすると、真贋よりも大切なことなのかもわからないんですけど。


「新品」の石を購入する場合としてですが。


とにかくお店の人と仲良くなっちゃってくださいねわーい(嬉しい顔)


どんな経緯を経てお店に入ってきたか、いろいろ教えてもらいましょうね〜わーい(嬉しい顔)
さ、こんなお時間ですね。


皆様も、素敵な夢を見てくださいね〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)


・・・・・・・Fleur*Bleueサイトはこちらからどうぞ・・・・・・

 ラリマーとブルーアンバーの専門店Fleur*Bleue
         http://fleur-bleue.jp/

 スタッフMの「ラリマー的のんびりライフ」ブログ   
        http://yuruyuru-life.seesaa.net/



posted by フルーブルー at 01:58| Comment(0) | 石への処理・加工・真贋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

鑑別から見えてくるもの・・・・B

第三回目です。今回は、とても悲しいお話しです。

市内某ショップにて、三千円で販売されていた「ラリマーブレスレット」です。
あぁ、着色だナァ・・・って思ってお聞きしますと。

「これは、白いっぽい安いラリマーに、着色をしました。
  だから、安いんですよ」

との答えが。

鑑定所に出すと、
「これは、何の石かを特定することとなるので、1粒壊してもいいでしょうか」
と。結果です。

2010.12.14.jpg

予想通りでしょうか。
石自体、「ラリマー」ではなくて、「アラゴナイト」でした。
そして、それに着色をして、ラリマーに似せたものでした。

そこのショップは、きちんと着色ならば着色、とはっきりと教えてくれて、
また、処理石である、とも説明してくれていたので、個人的に信頼していました。
ですので、余計にショックでした。

そういえば、こちらのショップで、店長が言われたことがありますね。

「うちがこんなに安いのは、『うんちく』とかないからなんで・・・」と。

「うんちく」が無い?うーん、どういう意味の日本語なんだろう、と思いました。
多分、恐らくですが、「仕入先から言われたとおりの物を出しているだけで、
自分で調べているわけではない」という事なんだろう、と今では理解できます。
膨大な数の商品を扱うためには、一つ一つをチェックなんて、それこそ本当に至難の業でしょう。


3回に分けて、鑑別に出した石のご紹介をしてきましたけれど、ここで、いろんな考え方があると思うんですね。

違う石なのかもしれない、本物に見せようと加工をしているのかもしれない。でも本人がそれでいい、素敵!って思ったら、それだけで、その人にとっては充分な「パワーストーン」なんだよ。

いや、やっぱり「ごまかそう」っていう気持ちが入ったのが嫌だ。

どのようにお考えになるか、は・・・お任せいたしますわーい(嬉しい顔)
でも、石を自信を持って販売させていただきたい私としては、
 ・ウソが入っていないもの
 ・ごまかす気持ちが入っていないもの
 ・そんな人達の手を通っていないもの
を、丁寧にお渡しするだけかな、と考えています。

それと・・・。やっぱり、なんというか、このように、ごまかされてしまった石達を見ると、店主自身というか、私自身が「クリア」でいたいな、とつくづく思わされるのです。

「何かごまかしがないかい?」
「自分にも人様にもまっすぐかい?」
「自分も人様も赦せているかい?」
「自分も人様も癒しているかい?」

いつも石達はこう話しかけてきます。そうです。いつもいつも・・・。
そのたびに、クシュン・・・・としょげてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
結構、キツイことを要求するんですよね、鉱物は。

「お金」のために、別の石として変えられてしまったアラゴナイト・・・・。
私はこのアラゴナイトをどんな風に扱っていってあげたらいいだろう・・・、と考えました。

結局私の所で、本当の名前がわかったわけです。
きっと、別の石に成りすまして誰かの手首を綺麗に飾るなんて、とっても苦しかったんだろうと思います。
これからこのアラゴナイトは、こうして「真実」をお知らせする目的のために、「こんな悲しい目にあっているんだよ」ということを知ってもらうために、役にたってくれたらいいな、と思って、ブログにしました。
大きな大きな役目です。悲しい思いをしただろうけれど、ありがとうね、アラゴナイト達・・・・。


・・・・・・・Fleur*Bleueサイトはこちらからどうぞ・・・・・・

 ラリマーとブルーアンバーの専門店Fleur*Bleue
         http://fleur-bleue.jp/

 スタッフMの「ラリマー的のんびりライフ」ブログ   
        http://yuruyuru-life.seesaa.net/




posted by フルーブルー at 15:54| Comment(0) | 石への処理・加工・真贋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

鑑別A

皆さん、こんばんは。

さて、今回は、とある方が送って下さった、特大のハート型ラリマーです。
「素人目にも、偽物ってわかります・・・・」

とおっしゃっていました。
ネットオークションで、1700円で落札されたそうです。
1700円!!!!!!!
うーん・・・。
この価格は、「恋愛も勉強にもミラクルを起す、魔法のような石!」
として学生さんが買いたいような、そんな価格ですね晴れ

実際私が手にした感想ですが、

「とっても重い・・・・」ということです。

ラリマーはさほど重たい石ではありません。初めてもたれる方は、その大きさに対しての軽さにまず驚かれます。あれれ?というほど軽いのです。

しかしこのハート型のラリマーはとても重い。うーん。何かおかしいな。

さて。鑑別の結果です。

鑑別2.JPG

やはり、「充填処理」と出ていますね。

熱で容易に溶ける物質を、石の凹みなどに流し込み、滑らかにしたりします。その時、着色が入ったりすることもあるそうですが、要するに、あまり質の高くない石に施す処理です。凹みが無く、質のよい石に、そのような処理は必要がありません。たくさんのラリマーがこの「充填処理」をされています。

さて・・・。どの程度の他物質が充填されているのでしょかね。
石はラリマーでした。周囲はシルバーかな?と思ったのですが、それにしては軽すぎます。
もしかして・・・。軽い金属を使って、そのぶん、石に充填物を入れて重さを調整しているのでしょうか。そこまでは考えたくはないですけどね。

このようなラリマーは、通常よく店頭で見かけます。
処理の仕方をお店の方に聞いてももう難しいかもわかりませんね。

何度も申し上げておりますが、処理をしているから、と言って、その石に価値が無い・・・というわけではありません。個人的な意見ですが、「ウソ」や「ごまかし」の気持ちが入ってしまったことが残念でたまらないんです。特にこの石に「ヒーリング」効果を期待されるのであればなお更です。

実際、さほど採掘できていません。青みの濃いものなど、それほど直輸入している当店でもあまり手に入れることができません。ましかし、それでも、このハートラリマーよりは遥かに青いのではありますけれど。ただそのぶん、とても高価です。ネットショップの中にも、丁寧に鑑別を取っているお店も増えてきました。そのような、良心的なお店を、どうぞ探されることを、切に切にお願いいたします。

次回は鑑別Bになります。


・・・・・・・Fleur*Bleueサイトはこちらからどうぞ・・・・・・

 ラリマーとブルーアンバーの専門店Fleur*Bleue
         http://fleur-bleue.jp/

 スタッフMの「ラリマー的のんびりライフ」ブログ   
        http://yuruyuru-life.seesaa.net/




posted by フルーブルー at 00:52| Comment(0) | 石への処理・加工・真贋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

鑑別から見えてくるもの・・・・@

90%の市場のラリマーは、残念ながら本物じゃないよ。。。。
これは、本当です。ちょっとこれから3回にわけて、実際どのように「ラリマーの偽物」が出回っているか、お話ししたいと思っています。
まずはこの画像です。悪質度の低いものからご紹介してまいりたいと思います。

2010.08.30.jpg

小粒ラリマー丸玉が3つのブレスレットです。こちらは1万5千円を超えていた記憶があります。
「口頭鑑別メモ」とありますが、これはハードカバーの鑑別書が無いだけで、同じだけの検査を行なっている正式なものです。結果を見る限り、この石はブルー・ペクトライト、別名ラリマー。石は本物のようですね。ここで注目ポイントは、「1個に充填処理」とあるところ。

充填処理とは、例えば表面がぼこぼこの場合、様々な材質(ガラスみたいな・・)の充填物で埋める・・・ということです。その充填物に色が着いていたり、着いていなかったり・・・。
要するに、上質ではない石に、石の材質とは全く異なったものを付着させて、綺麗に見せている、ということですね。

一体どこを充填させているんだろう・・・って、私の目からはわからないんですよね。
やはりこういった専門機関でなければ。

日本の店頭販売をされているものは、もうこのような色の白っぽいものしか無くなって来ました。
ですから、薄い水色・・・が「本物」として認識されているようでもあります。

このブレスレットを人間で例えるなら、「ちょっと整形しておりますのよ・・・」的な感じ、でしょうか。

徐々に「本物のラリマー」は少なくなってきました。
スピリチュアルに使われたい方などは特に、本物なのかどうなのか、処理が全くなされていない、生粋のラリマーなのかどうか、お考えいただけたら、と思っております。
次回は、オークションで購入されたものを取り上げてみたいと思っています。



・・・・・・・Fleur*Bleueサイトはこちらからどうぞ・・・・・・

 ラリマーとブルーアンバーの専門店Fleur*Bleue
         http://fleur-bleue.jp/

 スタッフMの「ラリマー的のんびりライフ」ブログ   
        http://yuruyuru-life.seesaa.net/




posted by フルーブルー at 23:28| Comment(0) | 石への処理・加工・真贋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。