2011年01月03日

新年のお慶びを申し上げます

スタッフSですわーい(嬉しい顔)

昨年OPENして、はや半年。
皆様のおかげさまで、無事に2011年を迎えることができました。

店長以下スタッフ全員、これからも、誠心誠意つとめてまいりたいと思っております。

スタッフSとしては、今年こそ店長と一緒にドミニカへ〜飛行機と思っているのですが、さて、いつになることやら。

なかなかHP更新がままならない状況ではありますが、今年もどうぞFleur*Bleueをよろしくお願いいたします。
皆様にとって、幸せいっぱいの一年となられますように

・・・・・・・Fleur*Bleueサイトはこちらからどうぞ・・・・・・

 ラリマーとブルーアンバーの専門店Fleur*Bleue
         http://fleur-bleue.jp/

 スタッフMの「ラリマー的のんびりライフ」ブログ   
        http://yuruyuru-life.seesaa.net/




posted by フルーブルー at 21:51| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石の鑑定記事読みました。
大変ためになりました。
特に鑑別Aはどこのショップにでもあるような物なのでショックでした。
「充填処理」がどのようなものなのかによりますが
ラリマーの模様までが人工で作り出せるものだとしたら
もはや天然石ではく人工石ですね。

今後も石に関する記事を楽しみにしています。
Posted by saitou at 2011年01月05日 08:30
saitou様 コメントありがとうございます。
明けましておめでとうございます。
店長に成り代わりまして、新年のご挨拶をさせていただきます!

鑑別所さんが以前お話しされていたのは、「うちに鑑定を・・・と依頼が来るのは実はほとんど本物で無処理の物が多いんです」と。
理由を聞きますと、「安い偽物のために、高価な鑑別を依頼しないでしょう」とのことです。納得ですね。

当店は、小さな石にも鑑別書を取るんですが、実は私達スタッフが購入するものは、鑑定書を出しません。スタッフが現地に飛んで買い付けをしていますし、ドミニカに沢山知人がいて、直接私達も店長共々お話をしているため、真贋を確かめる必要無いからです(^^♪。でも、いくらでもウソはつけちゃう市場なので、悲しいかな、こういった鑑別書はつけないといけないのが現状です。

がんばって記事を更新していきたいと思います。石についてもアップしていきたいと思うので、またどうぞお越しくださいね。ありがとうございます。
Posted by 三が日が無いスタッフS at 2011年01月05日 14:10
後付けになってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
Fleur*Bleueの皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
三が日無しとのことですが頑張ってください。

それなりに値段がする買い物では、偽物をつかまされて後悔しないように購入前にいろいろ調べておりますが、やはり業者様にしかわからない情報(現在流通してるものは、どこまでの加工が施された物が多いのかなど)もあるので、あちこちの記事を頼りにさせていただいてます。

ラリマーの原石を見る限りでは、白いものから緑や青いラリマーまで存在するのは納得できるのですが、青色を深めるために、青く着色された充填物でコーティングされてる可能性もあるかもしれないと思いました。

ただ、ラリマーの波模様だけは、現時点では人工的に量産できるものではないのかな?と見ているので、他店と比べて値段が割安なものでも、きれいな波模様があるものであれば(充填処理されていたとしても)一応ラリマーの特徴が楽しめると思って、波模様を判断基準にしています。

石は加工ひとつでその魅力を引き出すことも、台無しにすることもできるのがよくわかったので、石に関わるお仕事がとても魅力的に感じました。

長々と失礼致しました。
今後もときどきブログを拝見させていただきます。
Posted by saitou at 2011年01月06日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。